トイレ交換を行う際の注意

トイレ交換を行う際には、トイレを総合的に見直すことが必要です。


最近では単にトイレの便器を交換することはなかなか難しく、リフォームをしないと交換できないケースも少なくありません。



その為、単に便器の交換をする際にはそのトイレの形式を十分に確認する必要があります。

例えば、トイレを設置するためのねじの穴や、その他の穴位置などはその便器専用に設定されていることが多いため、他の便器に交換する際にはその位置を確認しないと合わない可能性が高いからです。
トイレに関しては共通の規格が無いため、実際に便器の設置の寸法を確認しないとなかなかそのまま交換することは難しいものです。

その為、これらも業者に確認することになりますが、なかなかその確認だけを行ってくれる業者は多くありません。



その為自分で資料を取り寄せて確認するなどの手間が発生します。さらに、トイレ交換の費用についても比較検討が必要です。



最近ではトイレの便器をそのまま販売する所は少なく、その殆どがリフォーム会社での販売となります。

さらに、リフォーム会社が販売する場合には定価の3割引きや4割引きといった形になることが多く、実際には便器だけを購入するのとほとんど変わらない価格でトイレ交換とトイレリフォームが出来ることが多いのです。

トイレ交換をする場合にはまず、その費用を十分に検討することが大切です。

実際には便器の交換だけをする人は少なく、リフォームと同時に便器の交換をすることが多いのです。